熱海市立少年自然の家は素晴らしい自然とのふれあい中で、その魅力を最大限に生かした子どもたち参加の催しや、森を通した環境保護活動に取り組み、熱海市のエコの拠点を担った青少年教育宿泊施設でした。長年にわたり青少年を自然に親しませ、集団宿泊生活を通じて心身の鍛錬を図り、健全な青少年の育成のために寄与して参りましたが、施設の老朽化と耐震性、利用者の減少と費用負担等、今後は継続が困難になるとの結論に至りました。つきましては、昭和55年の開所以来、39年間の施設・運営を、平成30年度末をもって終了いたしました。各関係の皆様方には長きに渡りお世話になり、感謝の念に堪えません。多くの皆様にご利用をいただきましたこと心より御礼申し上げます。